女子サッカーの現状

U-15世女子女子プレーヤー
人口が落ち込んでしまう現状

日本では13歳~15歳の女子中学生年代で構成されたチームが特に少ない。その割合は男子チームのわずか2.7%。しかも、そのような状況の中、女子サッカープレーヤーの5人に1人が13歳になるとサッカーを辞めてしまっている

そう続ける環境がないのだ。

女子サッカーの普及には当然ながら日本サッカー協会も様々なプロジェクトで普及の後押しをしているが現状は皆さんの知っての通り。

まもなく、日本初の女子プロサッカーリーグであるWE LEAGUEがスタートするが、各地域の底辺では今でも続けたくても辞めざる得ない環境が当たり前のように存在している。

サッカーが出来ることを
当たり前にしよう。

女子サッカープレーヤーが当たり前のようにボールを蹴り続けられる未来を創ろう。
STELLA FORTEがその1歩になれるように…。

タイトルとURLをコピーしました